採用情報

- RECRUITMENT INFORMATION -


  応募はコチラからする

    教育制度

教育方針

「企業は人なり」と言われますがIT企業では、特に「人材」が非常に重要です。日進月歩のIT業界で、常に最新技術に追随し、競合力のあるサービスを提供していくためには、「優れた人材」が必須です。
当社では、長期的な視野に立ち、社員の適性に あった一人一人のキャリアプランを作成し、着実なキャリアアップを目指します。


 人財が最大の財産。 良き人材を育て、この財産をさらに大きくする。

『 長期的な目標達成に向けて着実に!』


教育研修

当社では、技術教育だけではなく、ヒューマンスキル教育にも力を入れています。さらに社内/社外の研修だけでなく、社員の資質や適性に配慮しながら、将来を見据えたキャリアアップに取り組んでいます。


【トピックス】

当社の教育制度の紹介論文が富士通ファミリ会の2016年度論文募集で表彰されました。


論文「客先常駐型ビジネス構造の中小IT企業における人材育成の実施報告.PDF」[1,855KB]
富士通ファミリ会≪2016年度論文一覧≫

◆ TOAの教育制度



全社共通教育 (ヒューマンスキル教育)

新入社員教育

  • 内定者教育 (導入教育)
  • 集合教育
  • 新人OJT
  • 中堅社員教育

  • 社内 / 社外セミナー
  • 社内グループ研究「小集団活動」
  • TOAグループ技術フォーラム
  • 各種団体開催の研究参加
  • ◆ TOAキャリアパス



    新人

    プログラマ

    SE

    テクニカルエンジニア
    アプリケーションエンジニア
    プロジェクトマネージャー

    コンサルタント
    管理職

    新入社員研修

    TOAでは、内定期間を含めて、約1年6ヶ月の期間をかけてSEに必要となる基本的なスキルを身につけてもらいます。
    コンピュータやソフトウェアについての技術的な知識は、内定者教育から始まり、新入社員研修時にそのフォローを行っています。 技術的な知識は、理系・文系を問わず、この研修中に習得することができますので、経験の有無は全く心配要りません。
    3ヶ月間の集合研修期間に、ビジネスマナーやコミュニケーションスキル等のヒューマンスキル及びJava言語などの各種IT技術の基本を習得します。
    その後は、プロジェクトに参画しながら、実際の業務を通して、SEの実務的スキルを習得します。OJT期間は専任のトレーナ(先輩社員)が目標に沿った指導を行います。


     
     
     
    10月  ~  3月
    4月   5月   6月
    7月   8月   9月   10月   11月   12月   1月   2月   3月



        
      : 内定者教育期間
    ・ コンピュータや基本ソフトウェアなどの基礎知識の習得
        
      : 集合研修期間
    ・ コミュニケーションやチームワークなどのヒューマンスキルの習得
    ・ 技術スキルの取得やグループ開発での疑似体験

        
      : OJT 期間
    ・ プロジェクトに参加しながらの仕事内容の把握
    ・ 専任のトレーナーが目標に沿った指導を実施

    中堅社員研修

    入社2年目以降の教育です。
    TOAでは、社員のキャリアパスに合った様々な教育活動を提供し、個人の適性に合った長期的な目標を設定し、キャリアアップに取り組んでいます。また、定期的に上司との面談を通して、継続的なフォローアップも行っています。


    ◆ 特徴



    • 社員のキャリアパスに合った様々な教育活動
    • 個人の目的に合った目標設定(ITSS準拠)
    • 定期的な面談(年2回)でフォローアップ

    1. 社内の実施 / 外部セミナーの参加
    2. 社内トレーナー認定時の教育
    3. 中堅SEへの教育
    4. 担当チーフ候補者への教育
    5. 担当チーフへのプロジェクト管理技術教育
    6. 管理職研修生への管理技術教育
    7. 社内グループ研究
    8. 「小集団活動」(社員相互研鑚による)

    9. TOAグループ技術フォーラム


    ダウンロード(Adobeサイトへ)